クラス

CBR250R Dream Cup | スプリントレース

Honda CBR250Rを使用したワンメイクスプリントレースになります。
クラスは「エキスパート」「ビギナークラス」2つのクラスとなります。日光チャレンジロードでは、本コンテンツをはじめ、「250Racers」「New Challenge」のスプリントレースが行われております。
CBR250R Dream Cup は各開催の参加台数にもよりますが、混走でのレースとなります。
日光サーキットの開催ではシーズン全6戦のポイントランキングにて行われます。

1.レース内容

スプリントレース

2.参加可能と車両条件

Honda CBR250R

CBR250R Dream Cup」のレギュレーションを満たしている必要があります。
CBR250R Dream Cupのホームページより一部引用
車両規則など詳細の案内は「CBR250R Dream Cup」のホームページを参照ください。
シーズン中にも、追加事項等も更新されておりますので、参加される方は必ずご確認をお願いします。

CBR250R Dream Cupのホームページ

レース参加車両について
Honda CBR250Rを使用すること。改造範囲は制限されており、エンジン及びフレームはノーマルのまま使用します。サイレンサーの交換は認められているので、スリップオンマフラーの交換ができます。アンダーカウル、キャッチタンクなど、ロードレースの基本的な仕様への変更、改造が必要です。
HRCサービスショップからは、レース専用車両のスポーツベース車が各ショップオリジナルの仕様で販売されています。
また、市販車のCBR250Rを改造しレース用キットパーツを組付けて参加することもできます。
但し一般公道の走行は出来ませんのでご注意下さい。タイヤはDUNLOPのワンメイクです。
DUNLOPのα-13SP(Hレンジ)が指定タイヤとなっています。

HRC CBR250Rスポーツベース車について
CBR250Rスポーツベース車は、HRCサービスショップにて完成車コンプリート化することを前提に、HRCからHRCサービスショップへ提供している車両です。ベース車輌は、レース走行に不要なパーツ(ヘッドライトやストップランプ等)を外し、ECUやハーネスをレース専用のパーツと交換。レース走行に効果的なクイックシフターやピットレーンスピード制御スイッチを装備しています。また、オプションのFIセッティングツール使用時に使うことのできるモード切り替えスイッチを事前に装備するなど、サービスショップがレースマシンに仕立てるために必要なパーツを組み込んだ本格的なベース車としています。各サービスショップは、独自開発したレース走行に必要なパーツを組み込み、完成車として販売します。各サービスショップで用意する販売モデルは、大きく分けてベーシックモデルとHRCサービスショップオリジナルモデルの2モデルが用意される予定で、レースに精通したサービスショップならではのラインナップとなります。(販売時期・仕様・価格については各サービスショップにお問い合わせ下さい)

CBR250R Dream Cup

3.クラス

「CBR250R Dream Cup」のクラス分け

  • エキスパート / E
  • ビギナー / B
    BCを目指す方で、過去にBCに出場経験がある方はBC対象外となっております。

4.レギュレーションを満たしていない場合

レギュレーションに満たしていない場合は「CBR250R Dream Cup」に参加できません。日光チャレンジロードの「250Racers」「New Challenge」にご参加ください。

TOP