レース参加者むけ情報

参加する上での同意事項と規約

参加される方は以下の事項を必ず確認ください。
参加されるにあたり双方のリスクの確認と以下ご案内と確認をしていただく必要がございます。皆様に楽しんでいただくためのイベントやレースでありこういった催しを行うことで皆様の笑顔やモータースポーツを発展につながるひとつのピースとして貢献できればと思っております。ですがモータースポーツは危険を伴うスポーツであり、場合によってはたくさんの方に心配をかけてしまうケースが大なり小なりございます。楽しいことが楽しくならないようご理解とご協力をお願いします。

2019年より参加規約の一部に要約を追加することになりました。
理由として、近年サーキットでのトラブルや事故が多発しておりレース事後にまで及んでいることが多いです。
日光チャレンジロードでは、こういったトラブルは発生しないようにするため、参加者の方には少しでも参加する上でのリスクという部分をご理解いただければ幸いです。

参加者=参加者関係者の遵守

当競技に参加するにあたり、以下内容を理解し伝わっていると主催者は判断し当競技を運営します。参加者とはコースを走行するライダーとサポートするチーム関係者、来場される観戦者、これらの親族を言います。当競技の運営やルールは速やかな進行と参加者の危険のリスクを軽減するための措置です。


参加者の誓約

「ルールブック」及びスタッフの指示に従い、大会開催に関連して起こった事故による死亡や負傷、その他の損害があったとしても、主催者、スタッフ、オフィシャル、会場管理者などに対する非難や責任の追及、および損害賠償を要求したりしないことを誓約します。なお、このことは主催者、スタッフ、オフィシャル。会場管理者などに起因した場合であっても変わりありません。さらに私自身が本大会の競技内容について標準能力を持ちつつ競技規則を熟知しており、参加車両に関しても競技に的確であり競技参加が可能である事を誓約いたします。レース参加費用に日光サーキット加入の保険費用が含まれております。

どういうことですか?

あなたがレースに参加することを周りの方が理解してくれてますか?
レースに出ることのリスク、万が一、ケガや死亡してしまう事もあるんです。
リスクに対して参加者を含め周囲の方が理解してくれてますか?
主催者は何があっても責任を取りませんよ。ということが書かれています。またレースに参加される方はレースのルールなどを理解しています。
何かあればサーキット加入での保険の範囲でしか対応しません。それでもあなたは参加しますか?
ということが書いてあります。
レジャースポーツとは違い、最悪の事態の場合は参加者が死亡してしまうケースがあるスポーツであることを再認識してください。
やっている方は好きでやっているのでしょうがないという認識はあると思いますが、死人に口なしというように残された方があなたに代わって事後処理をするんです。リスクのある趣味を行っているという事を自身含め周囲への認識確認もきちんと行ってください。

1

2

TOP